ゴミ屋敷の片付けの費用100万円!高額請求それとも妥当?

2023/09/03

ゴミ屋敷や汚部屋片付け関係の検索をしてると「ゴミ屋敷 100万円」というワードが意外と出てきます、記事内容はいろいろで100万円もぼったくられたとか、不用品回収で100万円の高額請求であるとかいわゆる悪徳業者啓発系記事が多いように思います。

私たち株式会社まごのてはこれまでに1万件を超えるゴミ屋敷を片付けてきましたが、部屋のタイプはそれこそ押入れからワンルームマンションから一軒家の大豪邸まで様々ですが、部屋のお片付け単体で100万円を超える例は10%弱で全体的な構成で見るとそう多いものではありません。

様々な部屋のお片付けを経験しているまごのての目線から、実際にゴミ屋敷片付けで100万円という金額はあり得るのか?あり得るなら妥当な費用なのかを体験に基づいて数件ピックアップしご紹介します。

この記事は実体験に基づき佐々木薫が執筆します

まごのてが料金面でも信頼できるゴミ屋敷業者である理由

一般家庭のゴミ屋敷で100万円はあり得る?
 

ゴミ屋敷100万円情報は内容をきちんと精査

「ゴミ屋敷 100万円」の検索結果の記事で多いのは悪徳高額請求には気を付けようという流れが多いのですが、中にはまったく的外れの情報も混じってることが多いので気をつけてください。

記事の流れとしては100万円請求されたゴミ屋敷片付けや遺品整理の料金が妥当か判断しましょうとなってますが、文中に『基本的に自治体が定めるゴミの処理及び清掃に関する条例に基づいて、清掃費用の負担者や負担方法が明確に定められています』と書いてる記事があります。自治体がゴミ屋敷片付けの価格を決めたり、費用の支払負担がある人を決めてると記載してますが、そのようなことは一切ありません。ゴミ屋敷関連の記事はこのような誤認を招く記事がひじょうに多く、しかも検索上位にいるので多くの人が誤解や混乱を招いてる現状があります。

ゴミ屋敷だけではありませんが、本当に経験者が書いた記事なのか、信憑性はどうなのかという判断は読む人々が正しく判断する必要があります。特にゴミ屋敷の片付けや掃除に関係することは実際に日々業務を行ってる片付け業者の記事を信用すべきで、集客や送客目的の記事を盲目的に信用することは大きな危険をはらんでると考えていいです。
 

あなたの部屋のお片付け費用いくらか診断

まごのてのオンライン見積もりで部屋の片付け料金がいくらになるか事前にわかります。対面の必要なく短時間でお片付け見積もりのご案内が可能です、オンライン見積もりは24時間無料で使えますし、ゴミ屋敷や汚部屋でもすぐに料金のご案内ができる便利なものです。



ゴミ屋敷の片付けで100万円かかるという噂の出どころ

いつの頃からかゴミ屋敷のお片付けは100万円かかるという噂が出回り始めました、おそらくYouTubeの企画で100万円で放置物件なのか廃屋を買取ってそれを片付けてお宝を発見するという下世話な動画だったと記憶していますが、そこから派生してゴミ屋敷を片付けるのには100万円かかるであるとか、片付け業者に依頼したら100万円もぼったくられたというように広がったのではないかと推測します。

ですが冒頭でも書いたように実際に100万円以上かかるゴミ屋敷のお片付けはそう多いものではありませんがまったく無いわけでもなく条件次第では100万円超もあり得ます、次の章ではどんな時に100万円を超えるお片付けとなるのかをご案内するとともに、私たちが体験した実際に100万円を超えた事例もご紹介していきます。
 

ゴミ屋敷片付けの料金は内容で決まります

部屋のお片付け料金の決まり方はさまざまな要因で決まりますが一番の要素はゴミの量や質です、このホームページ内の料金案内でも書いてありますが、部屋の広さや間取りにかかわらず、部屋全体のゴミの量や不用品がどれだけあるかで決まります。その他には作業費やトラック経費など総合的に加味して決定します。お片付け費用についての算出方法は別記事にまとめていますので是非お読みください。

【正直な料金表示】ゴミ屋敷や部屋のお片付け清掃費用の算出方法

ゴミ屋敷片付けにかかる費用の決まり方

 

ゴミ屋敷の片付け料金は量とゴミ質で決まる

ゴミ屋敷と呼ぶぐらいですから「ゴミを片付ける」というのが主な作業内容となりますので、やはりゴミの量と質で片付け金額は大きく変わってきます。「ゴミ」とひとくちに言っても内容は千差万別で不要な家具や家電もゴミですし、袋にまとまった物もゴミです。

ゴミ屋敷はいわば家(部屋)全部が巨大ゴミ箱のような状況ですので、上に見えてる比較的新しいゴミと下のほうから出てくる古いゴミはまったく違う様相であることも多いのです。ゴミ屋敷片付けの料金決定はゴミの量と質を見極めるのが大事というのはこのことです。ゴミの量と質が見極めできないと作業計画を立てれません、片付け作業計画が出来ないということは作用人員やトラック台数を決めることが出来ません。

お片付け全部の費用を算出するためにも、ゴミの量と質は一番大事な要素なのです。
 

経費の増大はお片付け料金に反映

ゴミ屋敷を片付ける上でゴミの処分費が大きな要素であることはお分かりだと思いますが、実はこの15年間でゴミの処分費は約2倍強となっています。これは産業廃棄物の処理費、一般廃棄物の処理費ともに大幅に値上がりしています。お客様にとっても売価に転嫁されますので負担が大きくなりますが、私たち事業者側にも打撃が大きいのです。

ガソリン代や高速代の値上りやそれらに付随してあらゆる資材なども値上りしています。お片付け現場一件当たりに按分すれば大きな金額ではありませんが、わずかの小さな金額だからと見過ごすわけにはいかないのが現状です。経費が増大する=売価(お片付け費用)に反映されるというのはいわば仕方のないことです。

まごのてが開業した15年前はお片付け費用で100万円もかかるような現場はほとんどありませんでしたが、当時60~70万円ぐらいの価格帯のお片付け現場は今なら100万円近くになってしまいます。お片付け料金だけではなくあらゆるサービス料金は時代背景とともに変わるということでもあります。
 

100万円以上かかったゴミ屋敷の片付け実例

では実際に100万円を超えたゴミ屋敷のお片付け事例をご紹介します。
マンションゴミ屋敷から大邸宅まで4つの事例のみですが、中にはワンルームマンションなのに100万円越えとなった事例も紹介していますので是非参考にしてみてください。

ワンルームでも100万円のお片付けはあり得る
 

ゴミ屋敷マンションお片付け125万円

東京都練馬区の2LDKマンションに明らかなゴミや衣類その他小物などが複合して入り混じる部屋でした、要不要選別を行いながらの作業で女性スタッフ中心に3日間かけて仕上げました。

要不要選別と廃棄で125万円、その他水回りと床などのクリーニングは別途。

広めのマンションや一軒家など比較的容量の大きな部屋やお宅では100万円前後はあり得る価格帯で、溜まったゴミの量が多いとか大型系粗大ごみやガラクタが多いなど、それに比例してゴミの内容が悪くなってくることが多々あり(腐敗や虫の発生)したがってお片付け料金も大きくなる傾向です。
 

単身用マンションでも100万円超!

お片付け費用を部屋の広さと間取りで片付け料金が決まる、畳1枚あたりのスペースに対していくらと設定してる業者もありますがけっして間取りや広さで推し量ることはできない事例です。たった17平米にゴミや雑誌を溜めまっくた部屋でした、高さは優に背丈を超え平均高さ210㎝ですから単純立米数で38立米の物が押し込まれており2トントラック換算で3台以上ものゴミがありました。

1Kや2DK程度の部屋は4LDK以上の広い部屋と違って高さが出るため作業そのものは難航することが多いです、というのも平面で17~20平米あたりの部屋だと人数をそれなりに揃えたとしても身動きが取れないことがあり非効率であることがあるのです。

またションペットやゴキブリの大量発生など割増要因となる部屋も少なくなく、ワンルームでは50万円を超えることは稀と言った記事には何の信憑性もないということです。関連コラムではワンルームや1LDKの単身用ゴミ屋敷でも100万円近くかかった事例を紹介していますので参考にしてください。

ワンルームでも条件次第で高額なお片付けとなります
 

50トンのゴミがあった有名一軒家ゴミ屋敷

埼玉県の地元では有名ゴミ屋敷で、とにかく庭が広く家屋内はもちろん庭にまでゴミが堆積していました。
約50年溜めに溜めまくったゴミ屋敷ですからとにかく量は多い、しかも長年風雨にさらされてるのですから内容も悪いという過去最大級のゴミ屋敷でした。お片付け金額はなんと900万円と費用も過去最大級、日数も連続ではないものの20日近くかかり延べ投入人員は110人でした。

一軒家は器も大きいためどうしても大規模ゴミ屋敷となりがちで、この埼玉の例に至っては50年近くに渡って溜めたと言いますから二世代に渡るゴミ屋敷ということになります。この家のお片付けは100万円どころか4桁に迫るものでしたが、やはりゴミ屋敷は規模が大きくなればなるほど費用も増大するという典型例でした。
 

実家の大規模整理売却前お片付け

茨城県の実家で長らく人が住んでいなく室内もそのままという状態の家のお片付けでは約200万円近くの費用になりました。なんといっても敷地が約100坪と大きく家自体も2階建て6部屋という大きさで、東京から少し離れた地方だとよくある大きさの家です。

築年は40年越えと思えないほどキレイなお宅ですでに地元不動産会社が買取ることが決まってるといいます、かつては7人が住んでいたということから荷物量は多めで、ゴミ屋敷ではないけど使用したトラックは6台(2トンロング)に及びました。

いわゆる実家のお片付けや放置していた家の家財整理は考えてる以上に物量があるものです、やはり長く住んでいると知らないうちに家財は増えてしまうのは致し方ありません。この茨城県の現場は若干遠方であったため都内近辺で作業する時と比べ1日余分にかかってしまうことからその分費用も高くなってしまったのですが、思い出の物や大切な物を探し出せたことに満足してもらえました。

ゴミ屋敷状態でなくとも家が大きいと荷物量は多くなりますし、長く住んでいればそれなりに家の中の物量が増えるのは当然です。売却前のお片付けでは最後の仕上げにもこだわり誰が見ても印象よく仕上げることができるのがまごのての強みです。

 
ゴミ屋敷片付けの相場はまごのてで決めた料金である
 

部屋のお片付けで100万円は現実的にあり得る

このように単身用アパートやマンションでも状況によっては100万円という数字は現実的にあり得ます、遺品整理会社のホームページでも100万円は高額すぎで50万円なら妥当などとありますが100万円かかるから高額請求だ悪徳業者のボッタクリだとは一概に判断できないということが理解できると思います。

まず片付け料金は基本的に廃棄物の量で決まり、仮に4~5トンの物があれば単純に処分費だけでも50~60万円ですから作業費や輸送費まで加味すればお片付け費用100万円は現実的な数字ということになります。

ゴミ屋敷で100万円請求はあり得る
 

【高額ぼったくり】悪徳業者懸念は常に考えて!

ただしやはり片付けに用の不当な高額請求や悪徳片付け業者のボッタクリ懸念は常に考えておいたほうがいいのは当然で、状況によっては100万円はあり得るというだけで100万円かかるというわけではありませんたとえば下の写真の部屋をご覧ください。

悪徳ゴミ屋敷業者の見積もりを信じるな! 

確かにお世辞にもキレイと呼べる部屋ではありませんが、室内の物をすべて捨てるという見積で90万円の金額提示をした不用品回収業者があります、どこをどう見ても軽トラック1台程度で充分積載可能ですし作業内容も要不要選別などがあるわけでもなく、お片付けや清掃というより簡単な不用品回収に近いもの、しかもこの不用品回収業者は【激安】ゴミ屋敷片付け軽トラパック9,800円と ホームページに書いてる業者ですが、仮に軽トラック2台使用したとしても2万円程度ですので実に45倍もの費用を請求しようとしたのです。

このような輩を悪徳ボッタクリ片付け業者と呼びますが、部屋の状況次第では100万円の提示を受けたからと言ってボッタクリだと騒いではいけないと言うことです。

以前2DKのゴミ屋敷片付けで他社から80万円の見積提示を受けたという方からこの金額は妥当なのかというセカンドオピニオンのような相談があり、部屋の写真を見てまごのてで再見積もりしたところ110万円になった例もあります(何故かまごのてに発注)

片付け費用はできれば安くしたい、できればお金を掛けたくないという思いがある人も多いのですが、実際に100万円を超えるにしても根拠のある納得できる料金提示をすることが大切と考えます。
 

定額5万円→30万!悪徳片付け業者増殖中!

みなさん当然高額請求被害にあいたくありませんしボッタクリにも遭いたくありません、仮に片付け費用が100万円を超えるとしても適正なものであってほしいと考えています、ですが昨今のゴミ屋敷片付け(不用品回収含む)業界の動向を見てますと高額請求業者を避けるほうが難しいかもしれません。

特殊清掃専用ホームページのコラムにも書きましたが、ゴミ屋敷片付け業界もにわか業者>専門業者という構図ができあがっています。まごのてのような独立独歩のどこにも所属しない(ゴミ屋敷清掃士や遺品整理士認定協会)専門業者はネット上では影が薄く囲い込みを狙った一括見積系業者が幅を利かせています。

ですから片付け業者を選ぶお客様が見極めを行わなければいけないのです、まごのてでは何年も前から啓発していますが高額請求や清掃作業の途中放棄、料金吊り上げが後を絶たないのが現状で。でもどうして表面化しないのか不思議だという方も多いですがゴ、ミ屋敷の方は身バレがこわくてレビューをしません。自分からゴミ屋敷を業者依頼して片付けてもらったと公言するような行動はまずしません、だから表面化しにくいのです。

それともう一点は業者自体が責任を持って運営してません、これもよく書いてる内容ですが社屋はない記載住所はデタラメ、そしてもし苦情やネット情報が悪くなればすぐ屋号も変えるし住所も変えます。オレオレ詐欺や振込め詐欺、闇金など非合法なことをしている輩は拠点を転々と変えるのに似ていると思いませんか?だいたいお客様から数十万円ときには100万円単位でお金をもらうのにそれなりの構えがないこと自体おかしいのです。

そんな責任のかけらもないゴミ屋敷業者を家に上がらせるわけにいかないと思いませんか?たとえゴミ屋敷と言えども生活の場ですから慎重に業者選びを行いましょう。

どんな業種でも悪徳業者はいます、そんな輩を駆逐するのは実はそう難しくなく接触し発注しなければいいのです、カモがいないとなれば勝手にいなくなるのです。もし東京近辺でゴミ屋敷を片付けたいという相談であればまごのてにご相談ください、それが一番安全で確実な手段です。
 
ゴミ屋敷片付け費用算出が世界一正確なまごのて
 

100万円レベルのゴミ屋敷を自力片付けできる?

まごのてで日々片付けるゴミ屋敷でも100万円級はそう多くないことは冒頭でお伝えした通りです、社内でも「100万円級」と呼ばれる大きなゴミ屋敷は果たして自力で片付けることができるのかについてお知らせします。結論から言えば100万円級でも200万300万円級でも自力でお片付けをすることは可能です。

お片付け自体は可能ですが現実的に本当に片付け完了までたどり着くかどうかは別の問題かも知れません、100万円レベルのゴミ屋敷となればゴミを溜めた年数も長いでしょうし、当然ゴミ質も悪くなっています。そんな状態の部屋を片付けることができるかに迫ってみたいと思います。

100万円レベルのゴミ屋敷を自力で片付けることは可能か
 

お片付けや掃除習慣のない人にはかなり厳しい

ゴミ屋敷を自力で片付ける場合の所要日数とかかる費用 こちらの記事でも書いてますが、100万円レベルのゴミ屋敷となれば、手慣れたゴミ屋敷業者でもそれなりに時間がかかります。まごのての場合ですがこのクラスだと5人程度で2日の作業計画を組みます、1名7時間作業で延べ10名として70時間です

もしお片付け習慣がない人が100万円クラスのゴミ屋敷を片付けようとした場合70時間で可能だと思いますか?おそらく3倍、人によっては4倍かかると思います。つまり最大280時間かかることになるのです!もし仕事のお休みをすべてお片付けに充てたとしても47日かかる計算です(6時間費やしたと仮定)月の休みが8日あったとして約半年かかります

正直言いまして現実的に不可能と言わざるを得ないのが正直な感想です。ただし期限がない、ゴミ屋敷と言っても放置している元実家の片付けなど何年かかっても良い状況であれば可能ですが、期限が決まってるような場合はかなり厳しいという判断が妥当です。

もしお片付け費用についての不安があるのでしたら、まごのての場合は分割払いなどをご用意していますのでお気軽にご相談ください。

 

大規模なゴミ屋敷でも確実にキレイにします!

まごのてはゴミ屋敷片付けと特殊清掃専門会社として15年の業歴があります。たとえ100万円を超えるような巨大なゴミ屋敷であっても確実にゴミを処分しキレイにいたします。またゴミの回収や処分だけでなく仕上げのハウスクリーニングや排水管や外壁の高圧洗浄など、家の内外を問わずキレイにするためのあらゆるお掃除が可能です。

ゴミ屋敷を確実にキレイにしたいなら迷わずまごのてにご相談ください。

家のお困りごとまごのてなら1社で完結
 

正直な料金提示をするゴミ屋敷業者はまごのて

私たち株式会社まごのてはゴミ屋敷のお片付けや掃除、特殊清掃などを専門に手掛ける清掃会社です。
創業から15年と業歴も長く、お片付け技術はもちろんのこと会社としての運営姿勢や安全管理などどこから見ても安全で安心な清掃業者です。

ゴミ屋敷片付けや特殊清掃関連の業者で、まごのてほどの体制で事業運営を行っている会社は他にはまずありません、その理由は創業時からお客様のことだけを考えた施策を行ってきたからに他ならず、その結果各方面から高い評価を得ることとなりました。

ゴミ屋敷でお困りのお客様は安心してなんでもご相談ください、私たちはゴミ屋敷で悩む人の心情を日本一理解しているゴミ屋敷業者です。

ゴミ屋敷片付けの相場はまごのてで決めた料金である
 

高額ゴミ屋敷片付けでよくある質問

Q:片付け費用が高額になる理由はゴミの量の他にありますか?
A:総額が増加する理由としてはハウスクリーニングや除菌などのオプションで加算の場合と、環境条件で費用がかさむ場合とがあります、環境条件とは搬出状況や虫の発生や臭いなどです。代表的なものとしてはションペット(尿入りボトル)がある部屋は割増料金の適用になります。

Q:1Kなど単身者用の部屋でも100万円越えはあるとのことですが、どうして他社の料金表では3万~5万という記載が多いのですか?
A:判で押したような記事ばかりで判断基準がわからなくなってしまいますね、まずこの手の記事を書いてる者が感覚だけで書いてる可能性があります、つまり現実を知らないのです。
そして部屋の片付けと言ってもさまざまな業態があり、例えばお手伝いレベル(家事代行)などでは2万円弱でしょうからゴミ屋敷ならそれよりちょっと高い程度だろうというイメージ先行ではと考えます。※あるいは安いイメージを抱かせてCV(問い合わせ)を誘導するためだけの戦略とも考えられます。

Q:予算の都合で多くの金額は出せないのですが予算内で出来るところまでの作業は可能ですか?
A:このような質問はひじょうに多いのですが、まずは全部を完璧にお片付けし掃除したらいくらという総額を出す必要があります、その上でたとえば30万円かかるとして10万円分ならここまで、20万円ならここまでと示すことは可能です。ですがあまり良い方法とは言えません、特にゴミ屋敷のお片付け掃除は一気にきれいにしないとお金を出す意味がありません、予算が厳しいと言う場合は分割払いなどをご検討いただき完全に仕上げるには?をご検討いただいたほうが気分が楽です。


PAGE TOP